妄想的猫ばか日記。

昨日の続き
ってわけでもないけど、


ねこのゐゑ


出不精な
おじょにしては珍しく

外泊や終日のお出かけが
続いてたので

今日は まったり
みんにゃと過ごそうDAY

に、した。( ̄▽ ̄)


ねこのゐゑ


そんな意図を
くみ取ったのか

おじょ在るところ
みんにゃ在り

な、一日で

猫飼い冥利に尽きる


ねこのゐゑ


二十年前の今日も
傍に猫がいた。


友達が拾ってきた
ハチワレ男子

名前は「との」

が、大きな地響きとともに
タンスに駆け上がった。


ねこのゐゑ


ちょうど課題に追われてて
徹夜明けの出来事

鉄筋コンクリートの
学生マンションが揺れた。


隣近所の先輩宅に集まり
惨事をTVで知る。


ねこのゐゑ


以来、この二十年間

地震に限らず
竜巻や土砂崩れ

災害が後を絶たず
その度に多くの犠牲者。


ねこのゐゑ


それは決して
他人事じゃなく

いつ自分の身に降りかかっても
おかしくないこと

生きていることが
奇跡だとさえ感じる。


ねこのゐゑ


言い方を変えれば
生かされている、ということ。


誰しも、日常生活の中で
命の危険にさらされたことが

自覚ありなしに係わらず
あると思う。


ねこのゐゑ


それでも、生きている
とゆーことは

魂が宿る肉体を持つ者として

なにかしらの使命が
あるんじゃないかって…


ねこのゐゑ


あ、

あの…

わたくし宗教家でも
なんでもないですよ?

ただ、なんとなく
二十年という節目を迎えて
思いを綴ってみた

だけ。(=ω=)


ねこのゐゑ


あのときの「との」は、

おじょの不注意で
野良に戻ってしまった。


猫飼いとして
無知だったゆえの

残念な結末。


ねこのゐゑ


野良っこを見かけるたびに
胸が痛むのは

たぶん、そのせいでもある。


できる限り助けようとするのは
その償いでもある

のかもしれない。


ねこのゐゑ


そのために
「生かされてる」のであれば

喜んで受け入れよう。



最後に…

災害による犠牲者の方々の
ご冥福を思い捧げます。



ブログランキング にほんブログ村 猫ブログへ

.*:.。.Thank you for your ぽちっとな.。.:*.




ヒマな主婦の
ひとりごとですのでw

コメントは
お気遣いなく~(=∀=)




スポンサーサイト
2015.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://25noie.blog.fc2.com/tb.php/938-da2ea2b9