FC2ブログ

三度の飯より猫優先。

ロンちゃの便崩れ

原因は、たぶん
食べ過ぎかと…?


その後、げろっぱ

小指の第2関節くらい
なかなかの毛玉入り。


そんなこんなで
朝飯抜きのプチ断食


ねこのゐゑ


食べ過ぎで酷使された
消化器官を休ませてあげる

吐き戻しで
粘膜も痛めたろうから

そのケアも兼ねて。


消化吸収にはすごーく
エネルギーが消費される

ので、

そのエネルギーを
体内調整や
自己治癒に費やすのが目的。



慢性的な下痢でなければ

早い遅いはあっても
ほぼ、これで元に戻る。


ねこのゐゑ


定期的なプチ断食
(朝か夕の飯を抜く)は

食事によって蓄積された
代謝産物を排除するのに有効


と云われていて


ロン以外も飯抜きで
体内浄化させたいところだが


ねこのゐゑ


食いしん坊による
家庭内テロが勃発するためw


骨断食を行う


ねこのゐゑ


これだと、よく噛むので
飯食った感もあるだろーし

歯の掃除にもなる。



彼らの先祖は


ねこのゐゑ


断食を自然に取り入れていた
  (しくじりハントともゆうw)

ので、

身体はクリーンに
保たれてたけど


フードの置き餌があって
常に消化器官を酷使している

飽食の飼い猫だと
こうもいかない。


尿pHが上がるのは
腎臓が働き始める食後

フードの放置は


ねこのゐゑ


尿pHがアルカリ性に
傾きやすくなり

結果、ストルバイト結晶を
作りやすい体質になってしまう。



かつては、


おじょ家も置き餌飼い。


当時の獣医さんに


猫の食餌は少量頻回
空腹はストレスだとも言われ

器のフードがなくなれば
せっせと給仕。


みんにゃ保護猫だったので
ひもじい思いはさせたくない

ってのもあった


が、結果


タッチとロッシは肥満
毒素を排出できない体質になり

ホップはフードの吐き戻しによる
栄養不良からの虚弱体質。


ねこのゐゑ


空腹が可哀想という一時の感情や
自分の知識のなさで

彼ら本来の機能を狂わせ
悪しき体質を作り上げてしまった。



置きっぱなしのフードは
愛情の勘違い

今だから言える。



スープ作りから始めた猫まんま
試行錯誤で早一年。


ねこのゐゑ


悪しき体質は
改善されつつあるけど

代謝の良し悪しや
毒素の蓄積量で

すぐに結果が出ないこともある。


フードを食べてた期間と同じくらい
もしくはそれ以上

排毒に時間がかかる
とも云われてるけど

小さな変化が
本当に嬉しくて

それがやりがいに繋がる。




 にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

.*:.。.Thank you for your ぽちっとな.。.:*.




ちなみに、うちでは

食べたごはんをリバースしても
おかわりは与えません。

粘膜の保護と
デトックスさせるため

一食抜くことにします。


空腹時の胃液や
胆汁を吐いたときも

あまりにもヒドいよーなら
すべて吐き切るまで

ごはんは与えません。

脱水しないよーに
ヤギミルクや出し汁で水分補給。


慢性的に吐くのも
飼い主が作り上げた

悪しき体質
だと思います。

それを治せるのは
獣医でなく

飼い主だと思います。





スポンサーサイト
2018.07.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://25noie.blog.fc2.com/tb.php/1447-da8fe539