FC2ブログ

三度の飯より猫優先。

およそ一年前

タッつんの
突発性膀胱炎。


ねこのゐゑ


それを機に

猫族に多い泌尿器系疾患を
予防・改善すると云われてる

手作りまんまを始めた。


膀胱炎なんて
結石なんてなるもんかと

毎日せっせと
肉を切る

も…

ホップさん血尿。


認めたくない
なかったことにしたい




この現実


ねこのゐゑ


めさ凹む…




疑わしきは
細菌性膀胱炎

ゆる便が続いたことで

尿路~膀胱に
細菌が侵入

すると、尿が
アルカリ性に傾き

膀胱が炎症
からの血尿

が、当初の見解。


便が正常に戻っても
血尿を繰り返すので


尿検査

の結果、


若干の細菌感染と
結晶は見られるものの

症状が出たり出なかったりを
3ヶ月くらい繰り返し
食欲もあり元気なことから

原因がわからない
特発性膀胱炎なのでは?
(その多くがストレス)

とゆー見解に。



ごはんが直接の原因で
膀胱炎や結石にはなりません。

手作りまんまされてる方
これから始めようと思ってる方
ご心配なくですよ。




多くの獣医さんが勧める療法食は

症状を緩和させたり
悪化させないためのもので


疾患を根治するわけではない。


また、尿pHをアルカリ性から
酸性にする性質を持ってる療法食は

一歩間違えると今度は
シュウ酸カルシウム結晶の恐れも。


加えて、

ペットフードにまつわる製造背景や
流通事情を知った今となっては

尚のこと療法食という
選択肢はない。


ねこのゐゑ


手作り食に反対した獣医さんに
それ見たことかと叱られても

手作りなんてもってのほかと
フード絶対信者から非難されても

愛猫が苦しんでいる
この期に及んでも


フードを常食させることの方が
リスキーだと思う。


そして、その場しのぎの
抗生剤も然り

もし服用すれば
早くラクになるかもしれない
(完治は難しい)

赤く染まるトイレシートに
心痛めることもなくなるかも


だけど、


虚弱王子の免疫力を
これ以上つぶしたくない

自分の力で乗り越えてほしいと
切に願うのです。


ねこのゐゑ


今、彼の細胞は
がんばって闘ってる

その邪魔をしたくない。


かつて、無知だったおじょは
幼い時から虚弱だった王子を

薬漬けにし
免疫力を怠けさせた。

目鼻のぐちゅぐちゅも
歯周病も吐き戻しも

薬で治ると信じてた



けど、どうよ?


ねこのゐゑ


ちっとも治っとらん
じゃないか?



投薬をやめれば再発
ストレスで再発
季節の変わり目に再発

結局、薬ってのは
症状を抑え込む対症療法であって

原因療法ではないんよ。


与え続けた抗生剤で
大事な菌や細胞までも破壊し

王子の免疫力は
ますます鈍感になり

さらに虚弱になった。


なにもかもぜーんぶ
おじょの所為

「知らなかった」は
  言い訳にならない。


情けなくて
泣けてくる

けど、

一番つらいのは


ねこのゐゑ


本猫よ?


彼が元気になれるなら
強くなれるなら

一緒に闘う

現実から目をそらさない


なんだってする。




 にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

.*:.。.Thank you for your ぽちっとな.。.:*.




ほんまゆーと

療法食にすれば
抗生剤を飲ませれば

精神的にも
肉体的にも
時間的にも

どんなにラクだろうと
思わなくもない。


でも、


泌尿器系疾患だけを
予防するごはんじゃないし

フードに戻すことで

また、王子の吐き戻しが
頻発する可能性もある。


今回、不本意ながら

ストルバイト持ちに
なってもたけど

手作りまんまの
成果も忘れちゃいかん。





スポンサーサイト
2018.06.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://25noie.blog.fc2.com/tb.php/1438-fe77c11c