三度の飯より猫優先。

こないだ
肉買ったとき

猫まんまのバリエを
広げてみようと

お馬鹿肉にも挑戦。


ねこのゐゑ


馬は牛豚に比べて

タンパク質や
グリコーゲンも豊富

ビタA・E
Fe・Caも


ねこのゐゑ


鹿は肉のくせに
DHAを多く含む

ビタB2も豊富で
鉄分も


いずれも低カロリー
高タンパク

とってもステキお肉


なのに、


食わんのだ


ねこのゐゑ


姫がょ(*=3=)


“低カロリー”ってのが
気に入らんのだ

年増のくせにw


たま伝割にすると食うけどさ…


ねこのゐゑ


魚派だったホタロが

鶏も抵抗なく
食うよーになったし

主タンパクが
偏らないよーに

お馬鹿もどんどん
取り入れたいが

羊も食わしてみたいけど
お高いのよぉ…


多頭消費ゆえ

ニャンゲル係数が
ぐんっと上がる

ので、

通常は安価な鶏。


ねこのゐゑ


うちの場合、基本
生食させるので

安すぎる
ブロイラーはNG

王子のうんちが
壊れる。


ねこのゐゑ


原因がわからず
軟便が長期に及んだため

結果、

細菌性膀胱炎


加熱食なら大丈夫なのかもしれないし
タやロみたく平気な個体もいるけど

やっぱ、安かろう悪かろう

食費を削るってのは
寿命を削るってことなのかもねぇ…



以来、


地鶏とまではいかずとも
銘柄鶏っての?

抗生物質・合成抗菌剤
使ってません!系の

ちょっといーやつ。


ねこのゐゑ


あと、

お肉を買うお店は
限定しない。


仕入れ先
養鶏場(農場)によって

鶏の飼料
飼育環境も違う。


万が一の健康被害を
最小限に抑えるためにも

あちこちの鶏を
チョイす。


ねこのゐゑ


フードも然り。

基本、手作りだけど
さくら組のごはんだったり
ホタロのおやつだったり
非常食だったりで
カリカリも常備。


これの前はボジータ
その前はプロネイチャー

フードもいろいろ。


先月だっけか
オーストラリアで

ワンコが巨大食道症で
次々と衰弱死

某大手メーカーの
ペットフードが原因じゃないかって

警察犬だったから
大きなニュースになった。

ドックフードだし関係ない
とは思えない。


カル◯ン
シ◯バ
ニュート◯

ここのメーカーのん
与えてたことあるもん…

コワいよ

健康被害って
後になって出てくるから。


ねこのゐゑ


農薬・抗生剤・添加物etc
ゼロの商品なんて

自給自足でもしない限り
無理なのかも…

だからこそ、

偏りなく色んなものを
食べれる方が

将来的には安心。




 にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

.*:.。.Thank you for your ぽちっとな.。.:*.




「猫の食い飽き」は

ひとつの食材だけの
影響を受けないための

防衛本能。

自然にも野草とか
毒性の強いものがあって

食い飽きすることで
毒物の蓄積を免れる


すばらしき猫族。





スポンサーサイト
2018.04.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://25noie.blog.fc2.com/tb.php/1426-62b1bc50