妄想的猫ばか日記。

ロンちゃの左膝関節
靭帯切れてた


ねこのゐゑ


突然のピョコタンにも
合点がいく。


関節に炎症が見られたのは
靭帯が脆弱化してた所為


擦り切れたロープのよーに
靭帯がささくれた状態で

どうにか繋がってた一糸が
なんらかの衝撃で切れた、とか

慢性的な負荷で
耐えきれなくなった、とか?


ねこのゐゑ


原因は特定できず

外的衝撃
肥満等いろいろ…


ロンちゃ、過去にベランダから
落っこちたこともあるし

2年前までは
5.6㌔の巨漢

思い当たる節が
ありすぎて(〒ー〒)


ねこのゐゑ


猫の靭帯断裂は

症例が少なく
データも皆無に等しいが

自然治癒する箇所ではないので
放置(温存)してた場合

悪くなることはあっても
良くなることはない。


ねこのゐゑ


靭帯が切れた今

大腿骨が脛骨を上滑りし
安定していない状態

フラつきや痛みの原因

さらに、ヒドくなれば
半月板も損傷。


また、犬の場合
左右どちらか靭帯断裂すると

もう一方の脚も
将来的に断裂する可能性があり


猫にもそれが
当てはまるとは限らんが

悲しいことにロンの右脚
股関節形成不全


ねこのゐゑ


現在、その右脚に
左脚の負荷もかかってる状態。


クワバラクワバラ…


両脚がダメになる前に
左脚だけでも立て直すべく


ねこのゐゑ


骨切り術(TPLO)


脛骨の上部を丸く切り取り
インプラントで固定

その部分で大腿骨を支える


靭帯再建術等もあるが
予後の成績は
前者の方が優秀らしい。


ねこのゐゑ


術後、

2ヶ月くらいで
通常の生活に…

軽いピョコタンは
残るかも。


ねこのゐゑ


オペは明朝9時から


ロンちゃ
がんばって!( ̄人 ̄)




 にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ




術前の血液検査はクリア


カリウムが
やや低値なだけで

手作りまんまによる
著しい栄養の偏りもなく

ほぼ正常値範囲内


万全の態勢で挑むべく
今夜はカリウム混入まんまw





スポンサーサイト
2017.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://25noie.blog.fc2.com/tb.php/1334-b03061a5