妄想的猫ばか日記。

夏の厳しい暑さ
冬の過酷な寒さ

日常生活を脅かす車や
野良猫などの外敵


それでも、


その世界しか
知らないコにとっては
それが当たり前

食うに困らず
束縛されず

自由気ままな猫生
それもひとつの幸せ

その生き方を尊重しようと
考えていた。


ねこのゐゑ


だから、万が一の
ことがあっても


それが

野で生きるものの
運命だと…


実際、去年あずき
帰らなくなったとき


覚悟した
覚悟できた


のに、

4日間のきなこロスは
おじょを廃人にした。


愛情格差


えこひいき感は
否めない。


ねこのゐゑ


お昼休憩の一時帰宅
夕暮れ時の帰宅

門の前には必ず
きなこの姿があった。


どんなに暑くても
寒くても

あんこやあずきが
いなくても

きなこだけは必ず。


ねこのゐゑ


そして、防にゃんカメラ
設置して気付いたこと

一日の大半は
おじょ家周辺にいる。

度々、玄関扉を
じっと見上げる姿も

モニターに映し出されていた。


カメラをつける前から

きなこはずっと
そうしていたんだと想うと

切なくて愛しくて
たまらなかった。


ねこのゐゑ


あんこやあずきほど
お外に執着していない

きなこなら
家猫になれるんじゃないか?


そう想うことも
しばしば…


けど、うちには
ホタロがいる。

幼い頃から
よその猫を知らない
筋金入りの家猫

受け入れは難しい。


数年前に仔猫を保護したとき
それが直接の原因ではないにしろ

タッチとロッシの
転嫁行動による不仲

家庭内別居

修復に約3ヶ月要した。


ねこのゐゑ


軽はずみな自身の行動を
責め悔やんだ。


それでも、今回
きなこを保護したのは


もし、またきなこが
いなくなったとき

そしてもう二度と
帰ることがなければ

悔やんでも
悔やみ切れない


あのとき、どうして?と


保護しなかった自分を
責め続けるだろう。


仲が良かったあんこと
引き離すのも躊躇われたが

帰ってきたきなこは
威嚇され戸惑っていた。


時間が経てば、また
いつも通りになる

一時的なもの
そう思っていたけど

もしか、これが原因で
また…!?


そんな不安も少なからず


ねこのゐゑ


今が、そのとき

きなこを家猫にする
タイミングなのだ

と。


すべては自分にとって
都合のいい解釈


ホタロ・きなこにとっては
不本意な展開

おじょのエゴでしかない。




ごめんね

双方の幸せを願う
おじょの体と家は

ひとつしかないんだ。




 にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

.*:.。.Thank you for your ぽちっとな.。.:*.




最後までお読みいただき
ありがとうございました。


お返し訪問
滞り中につき

コメントは
お気遣いなくです。





スポンサーサイト
2016.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://25noie.blog.fc2.com/tb.php/1235-84851f95